婚約指輪と一緒につける|愛を囁くなら人気な婚約指輪で|永遠を決めたなら
手

愛を囁くなら人気な婚約指輪で|永遠を決めたなら

婚約指輪と一緒につける

男女

結婚と婚約を同時に

結婚すれば結婚指輪を左手の薬指にはめるようになりますが、それまでは婚約という期間となるので左手の薬指には婚約指輪をつけています。しかし結婚すれば婚約指輪をはずして、そのままつけないままどこかにしまっている状態となっている人が多くいます。せっかくの婚約指輪をそのままつけずに保管するのは、なかなかもったいないものかもしれません。なので最近では結婚指輪と婚約指輪を一緒にはめることのできるデザインの指輪をつける人が増えています。婚約指輪を購入すると同時に結婚指輪も一緒に購入し、婚約すれば婚約指輪だけなのですが、結婚すると両方を薬指にはめることになります。両方つけることができれば、棚などにしまってそのまま放置ということもなくなり、永遠に左手の薬指につけ続けていくことができるようになります。

破局を迎えないように

しかしそこで問題となるのが、もしも婚約中に破局を迎えてしまった場合は結婚指輪をはめずに終わってしまいます。両方の指輪を購入するのであれば、しっかりと2人の気持ちがつながり、結婚する前提で付き合うことが必要となります。もちろん婚約をするということは結婚前提となるわけなのですから、ほとんどの人が結婚するものと考えて指輪を購入することでしょう。しかし、なかには良い結果とならずに終えてしまう人もいるわけなので、婚約指輪と結婚指輪を両方はめるデザインを、ジュエリーショップでオーダーする場合は、破局を迎えないように仲良く過ごしていくことが大切です。特に女性にとって指輪はとても大事な宝物となるので、幸せな結婚をすることができるように互いの気持ちを理解しあって生活することで、永遠の誓いを築いていくことができるようになります。

Copyright© 2016 愛を囁くなら人気な婚約指輪で|永遠を決めたなら All Rights Reserved.